過去の日記・・・2001/4月3月2月1月
2000/12月11月10月9月上高地
8月7月6月5月4月3月2月1月
1999/12月11月10月9月8月7月

《2001年5月》


【5月19日 土曜日】 曇り

先日、二十数年来のかけがえのない友と、永久(とわ)のお別れをしてきました。
それは「母の日」の夜でした。思いがけないYさんの訃報・・・
取るものも取り敢えず、翌朝、信じられない気持ちのまま、特急と新幹線を乗り継いで彼女のいる地へ。
九州や大阪から駆けつけた友達と逢い、『まだ信じられない』と何度も何度も・・・。

大阪にいた頃、家族ぐるみで心から親しくさせて頂いてた友達グループ。
夫の転勤のため引っ越し、そのあと、九州や神戸に引っ越す人もいて、離ればなれになったものの、時にはみんなで一緒に旅行をしたりして旧交を温めていました。
何年ものブランクがあっても、逢うと昨日の続きのように話が弾み、また今度ね!と、約束していたのに・・・
こんな事で、みんなに逢うことになるなんて・・・

彼女が手術をしていたのを知ったのは今年の3月でした。
それも、友達の一人が、『今年のYさんの年賀状、いつもと違うよ!何かあったのでは?』と心配して、電話を何度も掛けた結果分かったのでした。

もともと元気いっぱいで、みんなに「元気の素」を振りまいてた人なのに、どうして?
きっと余計な心配掛けたくなかったんだよね・・・

頑張りやさんで、明るくて、いつも人のことばかり考えて、ボランティアでお年寄りのお世話を一生懸命して、もっと勉強したいと介護福祉士の資格も取って、パソコンにも挑戦して私にメールを送って来てくれて、お花が大好きで、料理が上手で、美味しいケーキやクッキーをサッと作って、冗談が好きでみんなを大笑いさせて、、、
そんな彼女がもう居ないなんて・・・
絶対元気になって、今度は「快気祝い」で逢える、とみんな信じていたのに。
優しい旦那様と愛しい一人娘を残して、母の日に逝くなんて・・・
貴女に捧げます・・
貴女のことは、ずっとずっと永遠に忘れません。
安らかにお休み下さい・・・
家に帰ると、ベランダの「ベルフラワー」が満開になっていました。

【5月5日 土曜日】 晴れ

リンゴの木に、真っ白なお花が満開になりました。
果てしなく広がるリンゴ畑、それはそれは素晴らしい光景です!
つぼみのうちは淡いピンク色で、咲くと真っ白になります。

ピンクのつぼみ

一面のリンゴ畑

摘花作業で大忙し↑→

畑の向こうには、端午の節句の「のぼり」
この素晴らしい景色も、僅かで見られなくなります。
美味しいリンゴを作るために、この綺麗なお花を摘まなければならないそうです。
ハシゴや機械を使って、それでも摘花は手作業でひとつひとつ丁寧に行われていました。
こうしたリンゴ農家の皆さんのご苦労があって、秋には美味しいリンゴが食べられるんですね。
ホント!安曇野のリンゴは美味しいんですよ〜!(^_^)V

アニーは暑くてバテ気味

そぞろ歩きの家族連れ

【5月1日 火曜日】 晴れのち曇り

娘の引っ越し手伝いや何やで慌ただしい4月でしたが、気がつくともう5月!
月日の経つのは早いものですね。

昨日、オリヅルランの延びた葉の先に、1センチ程の真っ白な可愛い花が咲いてるのを見つけました。
小さくて、今にも壊れそうな可憐なお花です。
寝る前に見ると、既に閉じていました・・・

束の間の「晴れの舞台」が見られ、何だか幸せな気分になりました!(*^^*)